【意味】 氷とは、水が氷点下の温度で固体になったもの。

【氷の語源・由来】

動詞「凍る(こおる)」の連用形の名詞化。
「こおる(こほる)」は、水が凝り固まったものであることから、「こる(凝る)」「こごる(凝る)」に由来する。
古くは「ひ」とも呼ばれ、水面に張ったものを「こおり(こほり)」と言い、塊は「ひ」と言うことが多かった。
元々の漢字は、氷の割れ目を描いた象形文字「冫(二水)」に「水」で「冰」と書き、その「冰」が略されたのが「氷」である。

【関連語】

アイス アイスクリーム 霰(あられ)
一片氷心(いっぺんひょうしん) 華氏(かし) 画脂鏤氷(がしろうひょう)
塊(かたまり) 夏虫疑氷(かちゅうぎひょう) キャンディー
月下氷人(げっかひょうじん) コオリガモ・氷鴨(こおりがも) 氷と炭(こおりとすみ)
氷に座す(こおりにざす) 氷に鏤む(こおりにちりばむ) 氷は水より出でて水よりも寒し
氷を歩む(こおりをあゆむ) 凍える(こごえる) 凝る(こごる)
コマイ・氷魚・氷下魚(こまい) 凝る(こる) 霜(しも)
シャーベット 摂氏(せっし) 冷たい(つめたい)
露(つゆ) 氷柱(つらら) 滴水成氷(てきすいせいひょう)
凍解氷釈(とうかいひょうしゃく) 氷雨(ひさめ) 雹(ひょう)
フラッペ 水(みず) 霙(みぞれ)
湯(ゆ) 雪(ゆき) ラクトアイス

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス