このわた

【意味】 このわたとは、ナマコのはらわたで作った塩辛。

【このわたの語源・由来】

「こ」は「ナマコ」の古名で、「こ(ナマコ)のわた(はらわた)」という意味である。
寒中に作ったものや腸の長いものが、このわたの中でも優良品とされる。
江戸時代、越前のウニ、長崎のからすみとともに、三河のこのわたは「天下の三珍味」といわれた。

【関連語】

海参・煎海鼠(いりこ) ウニ・海胆・海栗・雲丹(うに) うるか
からすみ がん漬(がんづけ) キャビア
金海鼠(きんこ) 串海鼠(くしこ) 口海鼠・口子(くちこ)
海鼠子(このこ) 肴(さかな) 塩辛(しおから)
酒盗(しゅとう) トリュフ ナマコ・海鼠(なまこ)
莫久来(ばくらい) 撥海鼠・撥子(ばちこ) 腸(はらわた)
鯤(ひしこ) フォアグラ 棒海鼠・棒子(ぼうこ)
ホヤ・海鞘・老海鼠(ほや) めふん

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス