こんにゃく

【意味】 こんにゃくとは、サトイモ科の多年草。インドシナ原産。多くは、この植物の地下茎を粉にして水を加えて練り、石灰を加えて固めた食品をさす。

【こんにゃくの語源・由来】

こんにゃくは、奈良時代に薬用として中国から伝来した植物で、漢語「蒟蒻」も一緒に伝わったようである。
蒟蒻の読みは、『本草和名』に「古爾也久(こにやく)」、『和名抄』に「古迩夜久(こにやく)」とあるように、古くは「コニャク」と読まれていた。
「コニャク」が中世に音変化し、「コンニャク」になったとされる。
また、「蒟蒻」を呉音で「クニャク」と言ったものが、日本で「コニャク」となり、「コンニャク」になったとする説もある。

【関連語】

イモ・芋・薯・藷(いも) おでん 寒天(かんてん)
茎(くき) 薬(くすり) 刺身(さしみ)
サトイモ・里芋(さといも) ショウブ・菖蒲(しょうぶ) 白滝(しらたき)
ゼリー 田楽(でんがく) テンナンショウ・天南星
心太(ところてん) ミズバショウ・水芭蕉 ユキモチソウ・雪餅草

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス