こめかみ

【意味】 こめかみとは、目尻と耳の上の間にある、物を噛むと動くところ。

【こめかみの語源・由来】

こめかみは、米を噛むと動くことからである。
「こめかみ」と呼ばれる部分は、米以外にも物を噛めば動く。
食べ物の中でも「米」を取り上げて「米噛み」とされた由来は、日本人の主食は古代から「米」であったことや、古くは固いままの生米を食べていたため、よく噛まなければならず、その部分がよく動くからだといわれる。
漢字「蟀谷」は中国語で、「蟀」を用いた「蟋蟀」は「こおろぎ」や「きりぎりす」を意味するが、この漢字が中国で「こめかみ」を意味するようになった由来は未詳。
平安中期の辞書『和妙抄』には、蟀谷に「こめかみ」の訓がある。

【関連語】

頭(あたま) 項(うなじ) 靨・笑窪(えくぼ)
おつむ おでこ 顔(かお)
頭(かしら) 頭(かぶり) 髪(かみ)
噛む・咬む(かむ) 体(からだ) 雁首(がんくび)
キリギリス・螽斯・蟋蟀 頭・首(こうべ) コオロギ・蟋蟀(こおろぎ)
米(こめ) 丹田(たんでん) 旋毛(つむじ)
額(ぬか) ハチマキ・鉢巻(はちまき) バンダナ
額(ひたい) 鬢(びん) 臍(へそ)
頬(ほお・ほほ) 盆の窪(ぼんのくぼ) 眦(まなじり)
眉(まゆ) 鳩尾(みぞおち) 耳(みみ)
耳たぶ(みみたぶ) 目・眼(め) 目尻(めじり)
揉み上げ(もみあげ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス