小松菜

【意味】 小松菜とは、アブラナ科の一年生または二年生の野菜。おひたしや汁の実、雑煮などにされる。鶯菜(ウグイスナ)。冬菜(フユナ)。

【小松菜の語源・由来】

小松菜は、江戸時代、武蔵国葛飾郡小松川村(現在の東京都江戸川区小松川付近)で多く栽培されたことにちなむとされる。
徳川綱吉(吉宗の説もあり)に献上された際、この地名から「小松菜」と名付けられたともいわれるが定かではない。
小松菜の別名「鶯菜」は、3~4月に出荷されるため「鶯の鳴く頃の菜」の意味。
この季節の小松菜や水菜は、まだ若くて小さいことから、小さい菜の意味でもいう。
小松菜のもうひとつの別名「冬菜」は、文字通り「冬の菜」の意味で、白菜など冬の食材として使われるものの多くは「冬菜」と呼ばれる。

【関連語】

アブラナ・油菜(あぶらな) アラセイトウ・紫羅欄花 イヌガラシ・犬芥子(いぬがらし)
ウグイス・鶯(うぐいす) 御浸し(おひたし) カブ・蕪(かぶ)
カラシ・芥子・辛子(からし) カリフラワー キャベツ
クレソン ケール 汁(しる)
スズシロ・蘿蔔・清白 スズナ・菘(すずな) 雑煮(ぞうに)
ダイコン・大根(だいこん) 小さい(ちいさい) チンゲン菜・青梗菜
菜(な) ナズナ・薺(なずな) ノザワナ・野沢菜(のざわな)
ハクサイ・白菜(はくさい) ハボタン・葉牡丹(はぼたん) 冬(ふゆ)
ブロッコリー ぺんぺん草(ぺんぺんぐさ) 実(み)
ミズナ・水菜(みずな) ラディッシュ ワサビ・山葵(わさび)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス