小首をかしげる

【意味】 小首をかしげるとは、首を少し傾けて考えを巡らす。不審がったり、不思議に思ったりする。小首を傾ける。

【小首をかしげるの語源・由来】

「小首」は体の部位ではなく、首のちょっとした動作についていう語で、「小(こ)」は接頭語。
「かしげる」は「傾ける」の意味。
江戸時代には同義の「小首を傾ける」「小首をかたげる」が見られ、「小首をかしげる」は明治に入ってから用例が見られるようになる。

【関連語】

怪しい・妖しい(あやしい) 如何わしい(いかがわしい) 訝しい(いぶかしい)
胡散臭い(うさんくさい) 疑う(うたがう) 疑る(うたぐる)
胡乱(うろん) 覚束ない(おぼつかない) 思う・想う(おもう)
傾げる(かしげる) 傾く(かたむく) 体(からだ)
考える(かんがえる) 疑心暗鬼(ぎしんあんき) きな臭い(きなくさい)
杞憂(きゆう) 首・頸(くび) 少し(すこし)
一寸・鳥渡(ちょっと) 不思議(ふしぎ) 腑に落ちない(ふにおちない)
眉唾(まゆつば)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス