こけら寿司

【意味】 こけら寿司とは、魚肉・野菜を薄く切り、板のように飯の上に並べ押して四角に切ったすし。鱗鮨。こけら鮨。

【こけら寿司の語源・由来】

こけら寿司は、薄く切った魚肉などを飯の上に並べた姿が、こけら板(屋根を葺くのに用いるスギやヒノキなどの薄い削り板)に似ていることから付いた名である。
家を建てた際、祝いの寿司として食べたことから、「こけら落とし」にちなみ「こけら寿司」と呼ばれるようになったとする説もあるが、そのような風習がない地域でも「こけら寿司」と呼ばれており、呼称が先にあったものと思われる。
魚を使い、「鱗」の字は「こけら」とも読むことから、「鱗鮨」とも表記される。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス