沽券にかかわる

【意味】 沽券にかかわるとは、面目・プライドに差し障りがある。

【沽券にかかわるの語源・由来】

「沽券」とは土地や家屋など売り渡し証文のことで、「売券」や「沽却状(こきゃくじょう)」とも言われる。
江戸時代頃から、「売値」の意味で用いられるようになり、さらに「人の値打ち」「品位」などの意味で使われるようになった。
そこから、プライドにかかわることを「沽券にかかわる」、人の値打ちが下がることを「沽券が下がる」と言うようになった。

【関連語】

家(いえ) 一枚看板(いちまいかんばん) 後ろ暗い(うしろぐらい)
後ろめたい(うしろめたい) 売る(うる) 面映い(おもはゆい)
会稽の恥(かいけいのはじ) 株式(かぶしき) キザ
決まりが悪い(きまりがわるい) 忸怩(じくじ) 老舗(しにせ)
脛に傷を持つ 雪辱(せつじょく) 高飛車(たかびしゃ)
立つ瀬がない(たつせがない) 咎める(とがめる) 暖簾(のれん)
恥(はじ) 恥ずかしい(はずかしい) ばつが悪い(ばつがわるい)
プライド 見栄(みえ) メンツ・面子(めんつ)
面目(めんぼく) 疚しい・疾しい(やましい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス