【意味】 恋とは、異性に強く惹かれて切なく思うこと。また、その心。恋愛。恋慕。

【恋の語源・由来】

恋の動詞表現は、現代では「恋する」が一般的であるが、古くは「恋ふ(こふ・こう)」で、「恋ふ」の名詞形が「恋」である。
「恋ふ」は、人に対して物を与えてくれるよう求めたり、何かをしてくれるよう願う意味の「乞う(こう)」と同根で、古くは、異性に限らず、花・鳥・季節など、目の前にない対象を慕う気持ちを表した。
『万葉集』では、「恋」を表すのに「孤悲」を当てた例が多く見られる。
やがて「恋」は、目の前にない対象が異性に限られるようになり、「会いたい」「独り占めにしたい」「一緒になりたい」といった、男女の恋愛感情を表す言葉となった。
「恋」の旧漢字は「戀」。
上部は「絲+音」からなり、もつれた糸にけじめをつけようとしても、容易に分けられないことを表し、「もつれる」と同系の言葉である。
これに「心」を加えた「戀(恋)」は、心が乱れて思い切りがつかないことを表す。

【関連語】

愛(あい) 憧れ・憬れ(あこがれ) アバンチュール
アベック アムール 慈しむ(いつくしむ)
糸(いと) 愛おしい(いとおしい) 愛しい(いとしい)
岡惚れ(おかぼれ) 男(おとこ) 思う・想う(おもう)
女(おんな) 駆け落ち(かけおち) カップル
キス・キッス 季節(きせつ) 気持ち(きもち)
首っ丈(くびったけ) けじめ 恋しい(こいしい)
請う・乞う(こう) 焦がれる(こがれる) 心(こころ)
好む(このむ) 寂しい・淋しい(さびしい・さみしい) 三角関係(さんかくかんけい)
ジェラシー 慕う(したう) 慕わしい(したわしい)
好き(すき) 切ない(せつない) ぞっこん
トリ・鳥(とり) 虜・擒(とりこ) 情け(なさけ)
花・華(はな) バレンタインデー 引く・曳く・退く・牽く・惹く(ひく)
プラトニック 不倫(ふりん) プロポーズ
惚れる(ほれる) ホワイトデー 乱れる(みだれる)
夢中(むちゅう) メロドラマ メロメロ
萌え(もえ) 縺れる(もつれる) 焼き餅(やきもち)
焼け木杭に火が付く ラブ(恋・愛) リーベ
ロマン・ロマンス 若いツバメ(わかいつばめ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス