小春日和

【意味】 小春日和とは、初冬のあたかも春のような穏やかで暖かい気候。

【小春日和の語源・由来】

「小春」は、陰暦10月(現在の11月頃)の異名。
この頃には、春のような穏やかで暖かい日が続くことから「小春」という。
そのため、春の晴天の日や、晩冬から初春にかけての暖かくなり始めた頃に「小春日和」というのは誤用。
「小春空」や「小春凪」など、「小春」のつく言葉は冬の季語である。

【関連語】

暖かい・温かい(あたたかい) インディアンサマー 麗らか(うららか)
穏やか(おだやか) 神無月(かんなづき) 季節(きせつ)
小春空(こはるぞら) 小春凪(こはるなぎ) 小六月(ころくがつ)
シーズン 霜月(しもつき) セゾン
空(そら) 天気(てんき) 長閑(のどか)
春(はる) 晴れ(はれ) 日(ひ)
日和(ひより) 冬(ふゆ)

【関連リンク】

「小春日和」の意味・由来・出典・類義語・対義語・英語表現・例文

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス