ござ

【意味】 ござとは、いぐさの茎で編んだ敷物。うすべり。ござむしろ。

【ござの語源・由来】

貴人の座るところを「御座」と言った。 そこに敷かれる畳を「御座畳(単に「御座」とも)いい、座ったり寝たりするのに用いるむしろを「御座筵(ござむしろ)」と言うようになった。 「ござむしろ」の略が「ござ」である。 漢字の「蓙」は草冠と「座」からなる会意兼形声文字で国字。 「茣」はヨモギに似た草の名を表す。

【関連語】

編む(あむ) アンペラ イグサ・藺草(いぐさ)
イス・椅子(いす) 薄縁(うすべり) カーペット
カウチ 茎(くき) 草(くさ)
薦・菰(こも) 敷く・布く(しく) 褥・茵(しとね)
絨毯・絨緞(じゅうたん) 簀の子(すのこ) 座る・坐る(すわる)
席(せき) ソファー 畳(たたみ)
チェア 寝る(ねる) 布団(ふとん)
フローリング ベッド ベンチ
マット 筵・蓆・席・莚(むしろ) 床(ゆか)
ヨモギ・蓬・艾(よもぎ) ラグ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス