業を煮やす

【意味】 業を煮やすとは、思うように事が運ばず、腹をたてる。

【業を煮やすの語源・由来】

「業(ごう)」は仏教語で、人間の身体・言語・心によって行われる行為を意味し、この場合は心の動きを表す。
「煮やす」は火にかけ熱することから、怒りなどの気持ちを激しくすることをいい、平静であった心の動きが怒りで激しくなることを「業を煮やす」といった。
「業が煮える」「業を沸かす」も、同じ用法からである。

【関連語】

慌てふためく(あわてふためく) 怒る(いかる) 憤る(いきどおる)
居ても立っても居られない イライラ 浮き足立つ(うきあしだつ)
狼狽える(うろたえる) お冠(おかんむり) 怒る(おこる)
押っ取り刀(おっとりがたな) 癇癪玉(かんしゃくだま) 冠を曲げる(かんむりをまげる)
逆鱗に触れる(げきりんにふれる) 剣幕(けんまく) 業(ごう)
業腹(ごうはら) 心(こころ) ごまめの歯軋り(はぎりしり)
地団駄を踏む(じだんだをふむ) 癪に障る(しゃくにさわる) 癪の種(しゃくのたね)
癪の虫(しゃくのむし) 切歯扼腕(せっしやくわん) 旋毛を曲げる(つむじをまげる)
テンパる 鶏冠に来る(とさかにくる) 煮る(にる)
腹が立つ(はらがたつ) 臍を曲げる(へそをまげる) まごつく
むかつく 向かっ腹(むかっぱら) 矢も盾もたまらない
柳眉倒豎(りゅうびとうじゅ) 狼狽(ろうばい) 沸く・湧く・涌く(わく)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス