ご多分に漏れず

【意味】 ご多分に漏れずとは、例外ではなく。他と同じように。「ご他聞に漏れず」や「ご多聞に漏れず」と書くのは誤り。御多分に漏れず。ご多分に洩れず。

【ご多分に漏れずの語源・由来】

「多分」は、「大部分」「大多数」の意味。
大多数の人が漏れなく付き従うという意味から、「他の大部分と同じように」「世間並み」「予想通り」という意味になった。
「ご(御)」が付かない「多分に漏れず」の例が古く、「ご(御)」が付いて「ご多分に漏れず」となったのは、「多分(大多数)」が「世間様」というニュアンスで捉えられたためと思われる。

【関連語】

当たり前(あたりまえ) 在り来り(ありきたり) 有り触れた(ありふれた)
案の定(あんのじょう) 何時も(いつも) エピゴーネン
押し並べて(おしなべて) 同じ(おなじ) 必ず(かならず)
悉く・尽く(ことごとく) ざら 杓子定規(しゃくしじょうぎ)
尋常(じんじょう) ステレオタイプ 大抵(たいてい)
多分(たぶん) 月並み(つきなみ) 常・恒(つね)
つまらない 当然(とうぜん) 日常茶飯事(にちじょうさはんじ)
猫も杓子も(ねこもしゃくしも) 普通(ふつう) 付和雷同(ふわらいどう)
平凡(へいぼん) ベタ マンネリ
皆(みな・みんな) 漏らす(もらす) 紋切り型(もんきりがた)
やはり・やっぱり

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス