五里霧中

【意味】 五里霧中とは、方向を見失うこと。物事の判断がつかないこと。「五里夢中」と書くのは間違い。

【五里霧中の語源・由来】

後漢の張楷が五里にわたる霧を起こし、自分の姿をくらます道教の秘術「五里霧」を好んで使ったという、中国の『後漢書(張楷伝)』にある故事から。
五里四方にわたる霧の中に入ると方向を見失うことから、物事の様子が全くわからず、どうしていいか迷うことも意味するようになった。

【関連語】

曖昧(あいまい) 曖昧模糊(あいまいもこ) 当てずっぽう(あてずっぽう)
あやふや 暗中模索(あんちゅうもさく) 鵜の目鷹の目(うのめたかのめ)
有耶無耶(うやむや) 岡目八目(おかめはちもく) 恐らく(おそらく)
小田原評定(おだわらひょうじょう) 朧(おぼろ) 霧(きり)
探る(さぐる) 彷徨う・さ迷う(さまよう) 試行錯誤(しこうさくご)
血眼(ちまなこ) ちんぷんかんぷん 漠然(ばくぜん)
仄か(ほのか) ぼんやり 紛らわしい(まぎらわしい)
迷う(まよう) 道標(みちしるべ) 夢中(むちゅう)
めぼしい 目安(めやす)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス