言語道断

【意味】 言語道断とは、あまりにもひどく、言葉で言い表せないほどであること。とんでもないこと。もってのほか。

【言語道断の語源・由来】

言語道断は元仏教語で、仏法の奥深い真理は言葉で説明しきれないことを意味する。
そこから、言葉も出ないほどひどいことを表すようになった。
『平家物語』に「時々刻々の法施祈念、言語道断の事どもなり」とあるように、古くは、言いようがないほど立派であるという意味でも使われていた。
「道断」の「道」は「言う」の意味で、「道断」のみでも「言うにたえないこと」「もってのほかのこと」の意味がある。

【関連語】

あかん 呆れる(あきれる) 有るまじき(あるまじき)
言う・云う・謂う(いう) 怪しからん(けしからん) 言葉(ことば)
沙汰の限り(さたのかぎり) 絶つ・断つ(たつ) タブー
ダメ・駄目(だめ) とんでもない 甚だしい(はなはだしい)
酷い(ひどい) 不届き(ふとどき) 不埒(ふらち)
道(みち) 滅相もない(めっそうもない) 以ての外(もってのほか)
立派(りっぱ) 悪い(わるい)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

言語道断(ごんごどうだん)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス