ゴミ

【意味】 ゴミとは、物のくず、不要になった廃棄物。汚い屑。漢字では「塵」や「芥」。

【ゴミの語源・由来】

主に農家で「木の葉」を表した言葉で、各地の方言にも木の葉を指す言葉として残る。
長野県には、木の葉を「ゴミ」、落ち松葉を「マツゴミ」と呼ぶところがある。
愛知方言では落ち松葉を「ゴ」と呼んだり、京都では「ゴを掻く」といった表現もある。
木の葉以外の意味にも使われはじめたため、「ゴ」と呼ばれるようになったのか、元々ゴミは「ゴ」と呼ばれており、「ゴ」の「実」という意味で「ゴミ」となったのか定かでない。
また、鎌倉前期の「平家物語」には「水田のごみ深かりける畔(あぜ)の上に」とあり、ドブなどに溜まる泥をさす言葉として使われているため、はじめはドブに溜まるものとして「木の葉」を意味していたのではないかと推測される。
「塵(ちり)」や「土ぼこり」の意味になったのは近世以降で、ゴミは不要物であるため、その頃から「取るに足りないもの」「役に立たないもの」の意味にも使われはじめた。

【関連語】

垢(あか) 芥(あくた) 畦(あぜ)
大鋸屑(おがくず) お払い箱(おはらいばこ) ガラクタ
木・樹(き) 汚い(きたない) 腐る(くさる)
屑(くず) 下らない(くだらない) 杮(こけら)
しょうがない・しょうもない 煤(すす) スパム
塵(ちり) 土(つち) つまらない
ドブ・溝(どぶ) トリビア 二束三文(にそくさんもん)
葉(は) 灰(はい) 箒(ほうき)
埃(ほこり) ボロ・襤褸(ぼろ) ポンコツ
マツ・松(まつ) 実(み) 紅葉(もみじ)
汚れる(よごれる)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

ごみの類語・同義語 - 類語玉手箱

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス