胡麻をする

【意味】 胡麻をするとは、人に気に入られるような振る舞いをして、自分の利益をはかること。ゴマスリ。ごますり。

【胡麻をするの語源・由来】

煎ったゴマをすり鉢ですり潰すと、あちこちにゴマがくっつくことから、人にへつらう意味で用いられた言葉である。
また、商人などの手を揉む仕草がゴマをする姿に似ていることから、その仕草を語源とする説もあるが、あまり有力とされていない。
江戸末期の『皇都午睡(こうとごすい)』にも見られ、「追従するをおべっかといひしが、近世、胡麻を摺ると流行詞(はやりことば)に変名しけり」とある。

【関連語】

愛嬌(あいきょう) 愛想(あいそ・あいそう) 商人(あきんど)
内股膏薬(うちまたこうやく) おべっか おべんちゃら
機嫌(きげん) 媚びる(こびる) ゴマ・胡麻(ごま)
仕草・仕種(しぐさ) 秋波(しゅうは) 出世(しゅっせ)
商人(しょうにん) 太鼓持ち(たいこもち) ちやほや
提灯持ち(ちょうちんもち) 手(て) 鉢(はち)
幇間(ほうかん) 洞ヶ峠(ほらがとうげ) ヨイショ

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

ごますりの類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス