護摩の灰

【意味】 護摩の灰とは、旅人を騙して金品をまき上げる泥棒。

【護摩の灰の語源・由来】

高野聖(こうやひじり)のいでたちで、弘法大師の護摩の灰と偽り、押し売りをして歩いた者がいたことから、騙して売る者や押し売りをする者を呼ぶようになった。
護摩の灰は、元々、密教で護摩木を焚いて仏に祈る「護摩」で燃やす木の灰のこと。
また、「胡麻の蠅(ごまのはえ)」とも書くのは、胡麻にたかる蠅がそれとなく近づき、しつこくつきまとうイメージが語源とされるが、「護摩の灰」を聞き違えたまま伝承された言葉で、語源も俗解と考えられている。

【関連語】

欺く(あざむく) 偽る(いつわる) 横領(おうりょう)
海賊版・海賊盤(かいぞくばん) 籠脱け(かごぬけ) 掠り・擦り(かすり)
カツアゲ 鴨にする(かもにする) 木・樹(き)
ギャング ゴマ・胡麻(ごま) 護摩(ごま)
誤魔化す(ごまかす) ゴリ押し(ごりおし) 詐欺(さぎ)
鯖を読む(さばをよむ) 白を切る(しらをきる) スリ・掏摸(すり)
せがむ せびる 集る(たかる)
旅(たび) 誑かす(たぶらかす) 騙くらかす(だまくらかす)
騙す(だます) 朝三暮四(ちょうさんぼし) 美人局(つつもたせ)
出鱈目(でたらめ) 出任せ(でまかせ) 恍ける・惚ける(とぼける)
トリック 泥棒(どろぼう) 濡れ衣(ぬれぎぬ)
猫糞(ねこばば) 強請る(ねだる) 捏造(ねつぞう)
灰(はい) ハイジャック ハエ・蠅・蝿(はえ)
ペテン師(ぺてんし) ぼったくり ホラ吹き(ほらふき)
万引き(まんびき) モンキービジネス 山勘(やまかん)
強請る(ゆする) 羊頭狗肉(ようとうくにく)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス