ごまめ

【意味】 ごまめとは、小さなカタクチイワシを素干しにしたもの。また、それを炒って、醤油・砂糖・みりんを煮詰めた汁をからめたもの。正月の祝い肴。田作り。

【ごまめの語源・由来】

ごまめは「こまむれ(細群)」の「むれ」が略されたもので、古くは「こまめ」と呼ばれた。
「こ」が「ご」と濁音化されたのは、体が丈夫なことを意味する「まめ(忠実)」に接頭語の「ご(御)」が付いた「ごまめ(御忠実)」に言い寄せたものと思われる。
ごまめは、田植えの肥料にしたり豊作祈願の祝い肴にされたことから、「五万米」や「五真米」と表記することもあるが、漢字は当て字であって語源との関係はない。
ごまめと田作りは同じものとして扱われているが、本来、田作りよりやや小さいものを「ごまめ」と呼んでいた。

【関連語】

あたりめ アンチョビ 熬り子・炒り子(いりこ)
炒る(いる) 祝い(いわい) イワシ・鰯(いわし)
ウルメイワシ・潤目鰯 エツ・斉魚(えつ) おせち料理(おせちりょうり)
数の子(かずのこ) カタクチイワシ・片口鰯 鰹節(かつおぶし)
からすみ 甘露煮(かんろに) キビナゴ・黍魚子・吉備奈仔
金平(きんぴら) 釘煮(くぎに) くさや
コノシロ・鮗(このしろ) コハダ・小鰭(こはだ) 細かい(こまかい)
ごまめの魚交じり(ととまじり) ごまめの歯軋り(はぎりしり) 米(こめ)
魚(さかな) 肴(さかな) 鮭とば(さけとば)
サッパ・拶双魚(さっぱ) 砂糖(さとう) シシャモ・柳葉魚(ししゃも)
ジャコ・雑魚(じゃこ) 正月(しょうがつ) 醤油(しょうゆ)
シラス・白子(しらす) スルメ・鯣(するめ) 田(た)
タタミイワシ・畳鰯 田作り(たつくり・たづくり) 小さい(ちいさい)
筑前煮(ちくぜんに) 縮緬雑魚(ちりめんじゃこ) 生り節(なまりぶし)
ニシン・鰊・鯡(にしん) ハルツゲウオ・春告魚 ビーフジャーキー
干鱈(ひだら) ヒラ・曹白魚(ひら) 干す(ほす)
ままかり 忠実(まめ) 味醂(みりん)
群れ(むれ) 目刺し(めざし)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス