極楽

【意味】 極楽とは、阿弥陀仏の浄土。安楽で何の心配もない場所・境遇・状態。天国。「地獄」の対義語。「極楽浄土」の略。

【極楽の語源・由来】

極楽は、サンスクリット語「Sukhavati」の漢訳で、原義は「幸ある所」である。
この語の漢訳には「極楽」のほか、「安楽」「安養」「妙楽」など数種類の訳がある。
日本や中国では阿弥陀仏信仰が盛んであったため、浄土教の「念仏を唱えれば阿弥陀仏の本願力によって浄土に往生する(他力本願)」という説法の流布に伴ない、漢訳の「極楽」は定着していった。
やがて、風呂に浸かった時など気持ちよい時や幸せを感じた時のたとえとしても、「極楽」は用いられるようになった。
極楽は、この世界の西方10満億の仏土を経た彼方にあり、この上なく安楽な世界といわれる。

【関連語】

安心(あんしん) 安心立命(あんじんりゅうみょう) 浮世(うきよ)
有頂天(うちょうてん) 往生(おうじょう) お彼岸(おひがん)
彼方(かなた) 極楽とんぼ(ごくらくとんぼ) 此方(こなた)
三途の川(さんずのかわ) 幸せ(しあわせ) 地獄(じごく)
社会(しゃかい) 娑婆(しゃば) 世界(せかい)
世間(せけん) 象牙の塔(ぞうげのとう) 大安(たいあん)
楽しい(たのしい) 他力本願(たりきほんがん) 巷(ちまた)
桃源郷(とうげんきょう) 奈落の底(ならくのそこ) 西(にし)
念仏(ねんぶつ) バス(風呂) パラダイス
風呂(ふろ) 仏(ほとけ) 冥加(みょうが)
冥利(みょうり) 冥土・冥途(めいど) ユートピア
黄泉(よみ) 楽天(らくてん)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス