ゴキブリ

【意味】 ゴキブリとは、ゴキブリ目に属する昆虫の総称。アブラムシ。

【ゴキブリの語源・由来】

ゴキブリは、「御器噛り(ごきかぶり)」が転じた語。
御器とは食物を盛るための椀のことで、噛りは「かぶりつく」など「かじる」意味である。
ゴキブリは残飯だけでなく、椀までかじってしまうことから、このような命名がされた。
「ごきかぶり」から「ごきぶり」への変化は自然変化ではなく、誤記によるものである。
岩川友太郎氏の『生物学語彙』(1884年刊)で、誤って「ゴキブリ」の振り仮名が付けられ、松村松年の『日本昆虫学』(1898年刊)でも先例を受けて「ゴキブリ」としたため、誤った名称が標準和名として定着した、とゴキブリ変化の誤記っぷりが、小西正泰の『虫の博物館誌』(1993年刊)で紹介されている。
古くは、ゴミを意味する「芥(あくた)」から「芥虫(アクタムシ)」といった。
「角虫(つのむし)」とも呼ばれていたが、この名は角が触覚を意味したのか、カブト虫やクワガタ虫と混同されていたのか定かではない。

【関連語】

油・脂・膏(あぶら) 油ギッシュ(あぶらぎっしゅ) アリ・蟻(あり)
お椀(おわん) 蚊(か) 勝手口(かってぐち)
カブトムシ・兜虫・甲虫 カミキリムシ・天牛(かみきりむし) クワガタムシ・鍬形虫
ゲンゴロウ・源五郎 コオロギ・蟋蟀(こおろぎ) ゴミ
ゴミムシ・塵芥虫・歩行虫 昆虫(こんちゅう) ゾウムシ・象虫(ぞうむし)
台所(だいどころ) タマムシ・玉虫(たまむし) 団子(だんご)
卓袱台(ちゃぶだい) 茶碗(ちゃわん) テントウムシ・天道虫
ナメクジ・蛞蝓(なめくじ) ハエ・蠅・蝿(はえ) ホタル・蛍(ほたる)
ミズスマシ・水澄(みずすまし) ムカデ・百足(むかで) 虫(むし)
ヤスデ・馬陸(やすで) 薮蚊・藪蚊(やぶか) ルビ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス