呉汁

【意味】 呉汁とは、水に浸して柔らかくした大豆をすり潰して絞ったものを入れた味噌汁。日本各地に伝わる郷土料理。ご汁。

【呉汁の語源・由来】

呉汁の「呉」は「ご」の音からの当て字で、漢字の「呉」に深い意味はなく、呉の国(中国)から伝わった料理という訳でもない。
大豆を水に浸してすり潰した汁を「ご(豆汁・豆油)」と言い、「ご」を入れた味噌汁なので「ご汁」と呼ばれるようになった。
枝豆で作った呉汁は、「枝豆呉汁」や「青呉汁」と呼ばれる。
呉汁は「熊本の郷土料理」と紹介されることもあるが、日本各地で昔から伝わる料理である。
呉汁の起源には、各地にいくつかの説があるが有力な説はなく、この料理自体の由来は未詳である。

【関連語】

青(あお) 赤出し(あかだし) 集め汁(あつめじる)
羹(あつもの) いちご煮(いちごに) 枝豆(えだまめ)
お汁粉(おしるこ) 御御御付け(おみおつけ) ガスパッチョ
がん汁(がんじる) 巾着汁(きんちゃくじる) クッパ
クラムチャウダー けんちん汁(けんちんじる) 豆汁・豆油(ご)
鯉濃(こいこく) コンソメ サムゲタン
三平汁(さんぺいじる) シチュー 絞る・搾る(しぼる)
じゃっぱ汁(じゃっぱじる) 汁(しる) 水団(すいとん)
スープ 澄まし汁(すましじる) 善哉(ぜんざい)
船場汁(せんばじる) せんべい汁(せんべいじる) 雑煮(ぞうに)
ダイズ・大豆(だいず) 出汁(だし) チーズフォンデュ
茶節(ちゃぶし) トムヤムクン どんがら汁(どんがらじる)
根深汁(ねぶかじる) 能平汁・濃餅汁(のっぺいじる) ヴィシソワーズ
ビスク 浸す(ひたす) 引っ摘み汁(ひっつみじる)
ブイヤベース ポタージュ ポトフ
ボルシチ 水(みず) 味噌(みそ)
ミネストローネ 柔らかい・軟らかい(やわらかい) 料理(りょうり)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス