御幣担ぎ

【意味】 御幣担ぎとは、必要以上に縁起を気にすること(人)。

【御幣担ぎの語源・由来】

御幣担ぎの「御幣」とは、紙や布を細長く切って細長い木に挟み、神前に供えたり神主がお祓いする時に用いる祭具で、本来は「御幣帛(ごへいはく)」や「御幣束(ごへいそく)」と言う。
御幣を担いで不吉なものをお祓いすることから、「御幣担ぎ」と言うようになり、「縁起を担ぐ」という言葉が生まれ、「験を担ぐ」という言葉も生まれた。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス