コロッケ

【意味】 コロッケとは、挽き肉や魚、玉葱などをの細かく刻んだものを、マッシュポテトやホワイトソースに混ぜ、パン粉をまぶして油で揚げた料理。

【コロッケの語源・由来】

コロッケは、フランス料理「croquette(クロケット)」が訛ったものである。
「クロケット」の語源は、「croquet(クロッケー)」という名のスポーツで使われる用具に形が似ていたことと、「カリカリした物」という意味のフランス語「クロッカー」から名付けられたとされる。
クロッケーは、野球に似たスポーツの「クリケット」とは異なり、ゲートボールのようなスポーツである。
コロッケが日本に入ったのは明治初期頃で、明治から大正にかけて家庭に普及し、大正6年(1917)年には「コロッケの唄」という歌も流行した。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス