コサージュ

【意味】 コサージュとは、婦人服の胸・襟・肩などに飾りとしてつける、小さな花束や花飾り。コサージ。

【コサージュの語源・由来】

コサージュは英語「corsage」からの外来語で、フランス語の「corsage(コルサージュ)」に由来する。
フランス語の「corsage」は婦人服の胴部・身ごろのことで、「胸元の花束」を意味する「bouquet de corsage」から、このような花飾りを「corsage」と呼ぶようになった。
そのため、「コサージュ」は一般的に胸につけるものを指し、肩につけるものは「ショルダー・コサージュ」と呼ぶ。
また、結婚式で新郎が胸につけるものは「ブートニア」と呼ぶ。

【関連語】

アクセサリー アンクレット ウエディング
襟(えり) お洒落(おしゃれ) 飾る(かざる)
肩(かた) カメオ コスチューム
ジャボ ジュエリー シュシュ
スカーフ 蝶ネクタイ ティアラ
トルク(装飾品) ドレス ネクタイ
ネックレス パーティー バッジ
花・華(はな) バレッタ ピアス
ピンズ ファッション ブーケ
ブートニア フォーマル 服(ふく)
ブライダル フラワー ブレスレット
ブローチ ペンダント ポケットチーフ
ミサンガ 胸(むね) リボン
レイ(装飾品) ワッペン

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス