コレステロール

【意味】 コレステロールとは、肝臓で生合成され、生体内に広く分布する脂肪に似た物質。コレステリン。コレステロールは、体内のすべての細胞膜の構成成分であり、副腎皮質ホルモン・性ホルモン・胆汁酸の材料で、脳神経や筋肉の動きにも重要な役割を果たすいっぽう、老化に伴い血管壁に沈着し、動脈硬化症とも深く関係する。

【コレステロールの語源・由来】

コレステロールは、ギリシャ語の「chole(コレ)」と「sterol(ステロール)」の複合語。
「chole(コレ)」は胆汁を意味し、「sterol(ステロール)」は固体(物質の基となる複雑な化学構造)を意味する。

【関連語】

油・脂・膏(あぶら) 油ギッシュ(あぶらぎっしゅ) 液(えき)
オイル おしっこ 体(からだ)
汁(しる) 神経(しんけい) セルライト
ダイエット 血(ち) 乳(ちち)
唾(つば) デトックス デブ
涙(なみだ) 尿(にょう) 腹(はら)
フィットネス 扁桃腺(へんとうせん) ホルモン
メタボリック メリハリ 羊水(ようすい)
リンパ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス