急須

【意味】 急須とは、葉茶を入れ湯を注いで煎じ出す、取っ手のついた小さな器。

【急須の語源・由来】

「急」は差し迫った意味の「急」。
「須」は「須いる(もちいる)」で、急須は「急な用に応じて用いるもの」が原義である。
古く中国では、酒の燗に用いた注ぎ口のある小鍋を「急須」といったが、煎茶器として用いられるようになった。
「きびしょ」とも言うが、「急須」や「急焼」の唐音が転で、江戸時代から見られる。
現代では、地方により「燗酒用の土瓶」「醤油さし」などの意味としても用いられる。

【関連語】

あがり(お茶) 急ぐ(いそぐ) ウーロン茶・烏龍茶
お茶(おちゃ) 燗(かん) ケトル
酒(さけ) 鹿威し(ししおどし) ジャー
醤油(しょうゆ) 如雨露(じょうろ) 添水(そうず)
茶碗(ちゃわん) 銚子(ちょうし) 壷・壺(つぼ)
デカンタ 道具(どうぐ) 徳利(とっくり)
鍋(なべ) 番茶(ばんちゃ) 柄杓(ひしゃく)
瓶(びん) ペットボトル ポット
ボトル 水(みず) 用いる(もちいる)
ヤカン・薬缶(やかん) 湯(ゆ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス