九官鳥

【意味】 九官鳥とは、スズメ目ムクドリ科の鳥。全長約30センチ。インドから東南アジア原産。全身黒色で、翼に白斑があり、頬と足は黄色く、くちばしは橙色。人間の言葉や他の鳥の鳴き声を真似る。秦吉了(シンキツリョウ)。サルカ。

【九官鳥の語源・由来】

九官鳥の「九官」は、日本にこの鳥を持ち込んだ中国人の名前といわれる。
九官が長崎にこの鳥を持ち込んだ際、人間の言葉を真似することを伝えるために「この鳥は吾の名前を言う」と言い、「吾」を持ち込んだ人ではなく、鳥のことと間違って訳されたため「九官鳥」の名がついたという説が、『本朝食鑑』や『飼籠鳥』に見られ、これが通説となっている。
九官鳥の語源はこの説で間違いないと思われるが、本当に九官鳥を持ち込んだ人の名前が「九官」であったという事は証明されていない。

【関連語】

足・脚・肢(あし) カンムリシロムク 黄色(きいろ)
嘴(くちばし・はし) 黒(くろ) 声(こえ)
コムクドリ・小椋鳥(こむくどり) サルカ・秦吉了(さるか) 白(しろ)
シンキツリョウ・秦吉了 スズメ・雀(すずめ) ダイダイ・橙(だいだい)
翼(つばさ) トリ・鳥(とり) 泣く・鳴く・啼く(なく)
名前(なまえ) 人間(にんげん) ハッカチョウ・八哥鳥
人(ひと) 頬(ほお・ほほ) ホシムクドリ・星椋鳥
真似(まね) マネシツグミ・真似鶫 ムクドリ・椋鳥(むくどり)
モノマネ・物真似(ものまね)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス