狂言

【意味】 狂言とは、室町時代に成立した日本の伝統芸能の一。猿楽の滑稽な物真似とせりふ劇の要素をもつ。能狂言。人を騙すために仕組むたくらみ。お芝居。嘘。

【狂言の語源・由来】

本来、「道理に外れた言動」を表す漢語で、日本では奈良時代から用いられていた。
中世になると「滑稽な言動」や「冗談」の意味でも用いられ、同じ頃、発展したこの滑稽な劇も「狂言」と呼ばれるようになった。
近世には「芝居」も意味するようになり、「狂言強盗」のように「人をだます」といった意味も表すようになった。

【関連語】

欺く(あざむく) アングラ 嘘(うそ)
踊り・躍り(おどり) オペラ 楽屋(がくや)
神楽(かぐら) 歌舞伎(かぶき) 脚色(きゃくしょく)
脚本(きゃくほん) 狂う(くるう) 滑稽(こっけい)
猿芝居(さるしばい) シナリオ 芝居(しばい)
冗談(じょうだん) 浄瑠璃(じょうるり) セリフ・台詞(せりふ)
台本(だいほん) 企み(たくらみ) 騙す(だます)
茶番劇(ちゃばんげき) ドラマ 能(のう)
真似(まね)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス