キョウチクトウ

【意味】 キョウチクトウとは、キョウチクトウ科の常緑低木。インド原産。夏、紅色の花をつける。中国を経由して江戸中期に渡来した。

【キョウチクトウの語源・由来】

キョウチクトウは中国名「夾竹桃」の音読みで、葉が細長く竹の葉に似ており、花が桃の花に似ていることからの名。
「夾」の字は「はさむ」を意味し、「夾竹桃」は竹と桃を混ぜたものを表している。

【関連語】

インドジャボク・印度蛇木 カリッサ 木・樹(き)
スネークウッド(キョウチクトウ科) タケ・竹(たけ) チョウジソウ・丁字草(ちょうじそう)
ツルニチニチソウ・蔓日日草 テイカカズラ・定家蔓 ディプラデニア
ニチニチソウ・日日草( 葉(は) 挟む・挿む・剪む・鋏む(はさむ)
花・華(はな) ビンカ 混ぜる・交ぜる・雑ぜる(まぜる)
マンデビラ ミフクラギ・目脹ら木 モモ・桃(もも)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス