脚色

【意味】 脚色とは、小説や事件などを芝居や映画で上演できるよう、セリフなどを加え脚本にすること。事実を面白くするため色づけすること。

【脚色の語源・由来】

脚色の「脚」は「根本」の意味で、「色」は「色づけ」の意味ではなく、表に現れること。
その人物の出処が現れたものの意味から、古代中国で「脚色」は、官(役人)になる時に提出する履歴書や身分証明書をいった。
のちに、中国の演劇界で、俳優の役柄や筋書きを「脚色」というようになり、日本では明治から使われるようになった。
事実に色づけして面白くすることを「脚色」というようになったのは、脚本にすることの意味からと、「色」からの連想が合わさったものである。

【関連語】

足・脚・肢(あし) アドリブ 粗筋・荒筋(あらすじ)
アレンジ 色(いろ) 映画(えいが)
飾る(かざる) 歌舞伎(かぶき) キネマ
脚本(きゃくほん) 狂言(きょうげん) 銀幕(ぎんまく)
シナリオ シネマ 芝居(しばい)
小説(しょうせつ) 女優(じょゆう) ストーリー
セリフ・台詞(せりふ) 台本(だいほん) テロップ
ト書き(とがき) ドラマ 能(のう)
俳優(はいゆう) 話(はなし) フィクション
プロデュース 粉飾(ふんしょく) メロドラマ
物語(ものがたり) 装う(よそおう)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス