【意味】 絆とは、断つことのできない人と人との結びつき。ほだし。「紲」とも書く。

【絆の語源・由来】

絆は犬や馬などの動物を繋ぎとめておく綱のことをいい、平安中期の辞書『和名抄』にもその意味で使用例が見られる。
絆は離れないよう繋ぎとめる綱の意味から、家族や友人など人と人を離れがたくしている結びつきを言うようになった。
絆の語源は諸説あり、「頸綱(くびつな)」「騎綱(きづな)」「繋綱(つなぎつな)」の意味、「引綱(ひきつな)」の上略など、動物を繋ぎとめる綱という点で共通している。

【関連語】

愛(あい) 相方(あいかた) 相棒(あいぼう)
一味(いちみ) イヌ・犬・狗(いぬ) 因縁(いんねん)
ウマ・馬(うま) 馬が合う(うまがあう) 縁(えにし)
偕老同穴(かいろうどうけつ) 掛け替えのない 肝胆相照らす
義理(ぎり) 琴瑟相和す(きんしつあいわす) 腐れ縁(くされえん)
口裏を合わせる グル コネ
偽客(さくら) 糟糠の妻(そうこうのつま) 多生の縁・他生の縁
知音(ちいん) 知己(ちき) 契り(ちぎり)
因み(ちなみ) 綱(つな) 繋ぐ(つなぐ)
友・朋(とも) なあなあ 仲間(なかま)
懇ろ(ねんごろ) パートナー 人(ひと)
絆し(ほだし) 味方(みかた) 水入らず(みずいらず)
結ぶ(むすぶ) 八百長(やおちょう) 結う(ゆう)
縁(ゆかり) 誼み(よしみ) 縁・因・便(よすが)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

絆(きずな)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス