きざはし

【意味】 きざはしとは、階段。段々。きだはし。

【きざはしの語源・由来】

「きざ」は「きざ(刻)」の意味。
「はし」は「はしご」や「橋」の「はし」と同じく、かけ離れたところに渡すものを表す「はし(階)」であろう。
「きだはし」とも言うことから、長さや面積の単位「きだ(段)」を語源とする説もあるが、「きざはし」が訛って「きだはし」になったと考えるのが妥当である。
漢字の「階」を「かい」と読むのは漢音、呉音では「け」という。
「階」の字は、「土盛り」を表す「阜(こざと偏)」に、「きちんとそろう」という意味の「皆」が付いた会意兼形声文字で、段がきちんと揃っていることを表す。

【関連語】

雲梯(うんてい) エスカレーター エレベーター
踊り場(おどりば) 刻む(きざむ) きちんと
脚立(きゃたつ) ステップ スロープ
揃う(そろう) 台(だい) タラップ
段々(だんだん) 阜・丘(つかさ) 道具(どうぐ)
縄(なわ) 上る・登る・昇る(のぼる) 橋(はし)
梯子(はしご) ブリッジ 皆(みな・みんな)
櫓(やぐら) 廊下(ろうか) ロープ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス