杞憂

【意味】 杞憂とは、無用な心配をすること。取り越し苦労。

【杞憂の語源・由来】

杞憂の「杞」は中国周代の国名、「憂」は憂えること。
杞の国の人が、天が落ちてきたり、大地が崩れたりしないかと、あり得ないことを心配して、夜も眠れず食事も食べられなかったという『列子(天瑞)』の故事から、あれこれと無用な心配をすることを「杞憂」というようになった。

【関連語】

浮き足立つ(うきあしだつ) 疑う(うたがう) 疑る(うたぐる)
愁い・憂い(うれい) 覚束ない(おぼつかない) 疑心暗鬼(ぎしんあんき)
屈託(くったく) 小首を傾げる(こくびをかしげる) 心配(しんぱい)
取り越し苦労(とりこしぐろう) ナーバス 悩む(なやむ)
ネガティブ ノイローゼ 骨折り損の草臥れ儲け
眉唾(まゆつば) 虫の知らせ(むしのしらせ) 無駄(むだ)
胸騒ぎ(むなさわぎ) 物憂い(ものうい) 憂鬱(ゆううつ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス