キス

【意味】 キスとは、スズキ目キス科の海水魚。全長約30センチ。体形は筒型で細長く、後方は側扁する。

【キスの語源・由来】

釣りの対象としても人気が高いが、その理由のひとつは、日本各地の海岸で普通に見られ、比較的簡単に釣ることができるためである。
そこから、キスは「岸」の変化した語と考えられる。
古くは「キスコ」や「キスゴ」と呼び、現在でも全国各地で「キスゴ」と呼ばれる。
「キスコ」や「キスゴ」の「コ」や「ゴ」は名詞につく接尾語で、魚の場合は魚の総称として用いられることから、「岸の魚」の「キシコ」から、「キスゴ(キスコ)」、「キス」に変化したと思われる。
その他、味が淡白なのことから「潔し」の転訛で「キス」になったとする説や、すぐに群れることから「帰す」を語源とする説もある。
魚のキスと「接吻」を意味する「Kiss」は関係ない。

【関連語】

アカタチ・赤太刀(あかたち) アカメ・赤女(あかめ) アジ・鯵(あじ)
アマダイ・甘鯛(あまだい) アラ イサキ・伊佐木(いさき)
イシダイ・石鯛(いしだい) イスズミ・伊寿墨(いすずみ) イトヨリダイ・糸縒鯛(いとよりだい)
海(うみ) 岸(きし) キス・キッス
キントキダイ・金時鯛 魚(さかな) シイラ
シマイサキ・縞伊佐木 スズキ・鱸(すずき) 接吻(せっぷん)
タイ・鯛(たい) ダイミョウサギ・大名鷺 タカノハダイ・鷹の羽鯛
タカベ タナバタウオ・七夕魚 釣り(つり)
テッポウウオ・鉄砲魚 テンジクダイ・天竺鯛 ニベ
ハタ・羽太(はた) ヒメジ・非売知(ひめじ) フエダイ・笛鯛(ふえだい)
フエフキダイ・笛吹鯛 ブラックバス ムツ
ユゴイ・湯鯉(ゆごい)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス