【意味】 岸とは、陸地が海・川・湖・池などの水と接する所。水際。水辺。土地の切り立った所。崖。

【岸の語源・由来】

岸の語源は諸説あるが、水の陸の面を切り取って生じたもので、「き」が「きる(切る)」の「き」に接尾語の「し」が付いたとする説が妥当であろう。
その他、岸の「き」が「きわ(際)」「かぎり(限り)」「けわし(嶮し)」の意味、「し」が「たかし(高し)」「いし(石)」の意味とし、これらの組み合わせで複数の説がある。

【関連語】

池(いけ) 泉(いずみ) 磯(いそ)
入り江(いりえ) 海原(うなばら) 海(うみ)
浦(うら) 丘・岡・陸(おか) 沖(おき)
お彼岸(おひがん) 崖(がけ) 川・河(かわ)
切る・斬る・伐る(きる) 際(きわ) 傲岸(ごうがん)
島・嶋(しま) ダルマチア式海岸(しきかいがん) 堤(つつみ)
津波(つなみ) 渚・汀(なぎさ) 波(なみ)
浜(はま) 半島(はんとう) ビーチ
フィヨルド 辺・畔(ほとり) 岬(みさき)
水(みず) 湖(みずうみ) 港・湊(みなと)
リアス式海岸(しきかいがん) 陸(りく)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス