キセル乗車

【意味】 キセル乗車とは、乗降駅付近の乗車券や定期券を使い、中間を無賃乗車する不正行為。煙管乗車。

【キセル乗車の語源・由来】

煙管(キセル)の作りを洒落た言葉である。
煙管は火皿のついた「雁首」と吸い口の部分の両端だけ「金(金属)」が使われ、途中は竹が使われ素通しになっている。
そこから、乗車区間の両端だけ「金(運賃)」を払うことを言うようになった。
元は学生の隠語であったが、明治以降、一般でも広く使われるようになった。

【関連語】

欺く(あざむく) イカサマ 偽る(いつわる)
インチキ 駅(えき) 籠脱け(かごぬけ)
金(かね) 雁首(がんくび) キセル・煙管(きせる)
切符(きっぷ) 車(くるま) 誤魔化す(ごまかす)
詐欺(さぎ) 薩摩の守(さつまのかみ) タケ・竹(たけ)
旅(たび) 騙くらかす(だまくらかす) 騙す(だます)
チケット 朝三暮四(ちょうさんぼし) 美人局(つつもたせ)
手形(てがた) トリック 乗る・載る(のる)
びた一文(びたいちもん) ヒッチハイク ペテン師(ぺてんし)
モンキービジネス 八百長(やおちょう) 山勘(やまかん)
羊頭狗肉(ようとうくにく) 羅宇(らう・らお) ロハ

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

キセルの意味 - 日本語俗語辞書

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス