麒麟児

【意味】 麒麟児とは、優れた才能を持ち、将来大物になると期待される少年。神童。

【麒麟児の語源・由来】

麒麟児は、文字通り「麒麟の子(児)」。
古く中国では、聖人が出て国が治まると麒麟が現れるという言い伝えがあり、幼い頃から天才的な才知・技芸を発揮し、将来が有望とされる少年を「麒麟児」と持て囃したことによる。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス