キリン

【意味】 キリンとは、キリン科の哺乳類。首と脚がきわめて長く、頭頂に角をもつ。栗色・黄褐色で、網目状の斑紋がある。

【キリンの語源・由来】

キリンは、もともと古代中国の想像上の動物。
体は鹿、尾は牛、ひづめは馬、額は狼、角が一本生えているというもので、中国では聖人が出て良い政治を行うと、麒麟が現れるとされていた。
キリンビールのマークは、この麒麟を描いたものである。
実在するキリンは英語名で「ジラフ(giraffe)」と言い、キリン(ジラフ)が日本に伝わった際「ジラフ」の呼称も入ってきたが、初めて見る奇妙な動物「ジラフ」に驚き、想像上の動物である「麒麟」の名が当てはめられ、日本では「キリン」の名で定着した。
また、麒麟の「麒」は「雄」、麒麟の「麟」は「雌」ともいわれるが定かではない。

【関連語】

イノシシ・猪(いのしし) ウサギウマ・兎馬・驢 ウシ・牛(うし)
ウマ・馬(うま) 狼(おおかみ) カッパ・河童(かっぱ)
カバ・河馬(かば) カモシカ・羚羊・氈鹿(かもしか) カリブー
麒麟児(きりんじ) ケッテイ シカ・鹿(しか)
獅子(しし) ジャコウジカ・麝香鹿 スイギュウ・水牛(すいぎゅう)
竜・龍(たつ) 角(つの) 天狗(てんぐ)
トナカイ ドラゴン ドンキー
ヌー バイソン バッファロー
ビール 額(ひたい) ヒツジ・羊(ひつじ)
ブタ・豚(ぶた) ヤギ・山羊(やぎ) ヤク
ラクダ・駱駝(らくだ) ラバ・騾馬(らば) 竜・龍(りゅう)
レイヨウ・羚羊(れいよう) ロバ・驢馬(ろば)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス