切り盛り

【意味】 切り盛りとは、物事をうまくさばくこと。

【切り盛りの語源・由来】

切り盛りの本来の意味は切って盛ることで、食べ物を切って器にうまく盛り付けることをいった。
転じて、料理に限らず家計や店の経営など物事をうまくさばくことも、「切り盛り」というようになった。
食べ物を切って盛り付ける意味では平安時代から、物事をうまくさばく意味では江戸時代から用いられている。

【関連語】

扱う(あつかう) 営む(いとなむ) きりきり舞い(きりきりまい)
切る・斬る・伐る(きる) 工夫(くふう) 工面(くめん)
熟す(こなす) 差し繰り(さしくり) 捌く(さばく)
算段(さんだん) 自転車操業(じてんしゃそうぎょう) 都合(つごう)
てんてこ舞い(てんてこまい) 担う・荷う(になう) 賄う(まかなう)
店(みせ) 盛る(もる) 遣り繰り(やりくり)
融通(ゆうずう) 料理(りょうり)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス