切り口上

【意味】 切り口上とは、一語一句の区切りをはっきりさせていう言い方。改まった堅苦しい話し方。形式的で無愛想な言い方。

【切り口上の語源・由来】

歌舞伎役者が観客に述べる挨拶を「口上」といい、一日の興行の最後に、頭取もしくは座頭が「まず今日はこれかぎり」という口上を「切り口上」という。
この切り口上が、儀礼的で味気なく感じられることから、形式ばった堅苦しい口調を「切り口上」というようになった。
歌舞伎の「切り口上」の語源は、「これかぎり」ということからとする説と、一句一句区切って言うからという説がある。
中世には、一節ずつ区切って言う口調を「切り声」といっており、「切る」は言葉をいちいち切る意味でも用いられていた。
この「切る」と、「口のきき方」「ものの言い方」を意味する「口上」が合わさった「切り口上」は、歌舞伎の世界で使われる以前から一般語に存在した。
これらのことから、一般語で一句一句区切って言う口調をいう「切り口上」があり、これが歌舞伎の世界で使われるようになって、「切り口上」に堅苦しく無愛想な言い方の意味が加わったものと考えられる。

【関連語】

挨拶(あいさつ) 愛想(あいそ・あいそう) 味気ない(あじけない)
言う・云う・謂う(いう) 堅苦しい(かたくるしい) 歌舞伎(かぶき)
切る・斬る・伐る(きる) けんもほろろ 口上(こうじょう)
言葉(ことば) 素気無い(すげない) 捨て台詞(すてぜりふ)
セリフ・台詞(せりふ) 素っ気無い(そっけない) 啖呵を切る(たんかをきる)
突っ慳貪(つっけんどん) 膠も無い(にべもない) 述べる・陳べる・宣べる
話(はなし) ぶっきら棒(ぶっきらぼう) 仏頂面(ぶっちょうづら)
傍白(ぼうはく) 朴念仁(ぼくねんじん) モノローグ
紋切り型(もんきりがた)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス