巾着

【意味】 巾着とは、布や革などで作った、中に小物や金銭を入れる小さな袋。口には紐が通してあり、口を紐でくくる。江戸時代の俗語で「私娼」。

【巾着の語源・由来】

「巾」は「頭巾」や「布巾」にも用いられる語で、「布切れ」の意味。
肌身に着けて携帯する布切れ(袋)なので、「巾着」と言うようになった。
火打ち道具を入れた火打ち袋が変化したものといわれ、古くは金銭のほか、お守りや薬、印章なども入れられていた。
江戸時代には専門の巾着師によって、革やラシャ、高級織物などの華美なものが作られたが、明治に入り、西洋の服が着られるようになったことや、がま口や財布が普及したことから廃れていった。
娼婦が稼いだ金をこれに貯めていたから、また巾着に入る程度の金しか稼げない娼婦の意味から、江戸時代の俗語で「私娼」をさす言葉としても使われた。

【関連語】

アタッシュケース イソギンチャク・磯巾着 籠・駕籠(かご)
稼ぐ(かせぐ) 金(かね) カバン・鞄(かばん)
蝦蟇口(がまぐち) 花柳界(かりゅうかい) 皮・革(かわ)
キスリング 巾着切り(きんちゃくきり) 巾着草汁(きんちゃくじる)
キンチャクソウ・巾着草 キンチャクダイ・巾着鯛 薬(くすり)
口(くち) 腰巾着(こしぎんちゃく) 小銭(こぜに)
財布(さいふ) 女郎(じょろう) 頭巾(ずきん)
頭陀袋(ずだぶくろ) セカンドバッグ 銭(ぜに)
チャリ銭(ちゃりせん) デイパック トートバッグ
トランク ナップサック 布(ぬの)
箱(はこ) バッグ バックパック
判子(はんこ) ヒモ・紐(ひも) 布巾(ふきん)
袱紗・帛紗・服紗(ふくさ) 袋(ふくろ) ブリーフケース
風呂敷(ふろしき) ポーチ(小物入れ) ポシェット
ボストンバッグ ポチ袋(ぽちぶくろ) ラシャ・羅紗(らしゃ)
ランドセル リュックサック

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス