きんぴら

【意味】 きんぴらとは、せん切りにした材料を植物油で炒め、砂糖・醤油で煮て、唐辛子で辛味をきかせた料理。

【きんぴらの語源・由来】

きんぴらの語源は、江戸の和泉太夫が語り始めた古浄瑠璃のひとつ『金平浄瑠璃』の主人公「坂田金平(さかたのきんぴら)」の名に由来する。
坂田金平は坂田金時(金太郎のこと)の息子という設定で、非常に強くて勇ましい武勇談として語られていた。
ゴボウの歯ごたえや精がつくところ、また唐辛子の強い辛さが坂田金平の強さに通じることから、「きんぴらごぼう」という料理の名が生まれ、きんぴらごぼうと同じ作り方で、レンコンやニンジン、大根の皮・ヤーコンなどを材料にした料理も「きんぴら」と呼ばれるようになった。
坂田金平を演じる役者の髪型が刻んだゴボウに似ていたことから、「きんぴらごぼう」になったとも言われるが、「きんぴら」の付く言葉には「金平足袋」や「金平糊」などがあり、それらは「強さ」を表していることから、「きんぴらごぼう」だけが髪型に由来するとは考え難い。

【関連語】

油・脂・膏(あぶら) 磯部煮(いそべに) 炒める(いためる)
従兄弟煮(いとこに) 稲荷寿司(いなりずし) 旨煮・甘煮(うまに)
おかず 小倉煮(おぐらに) おせち料理(おせちりょうり)
オランダ煮(おらんだに) 髪(かみ) がめ煮(がめに)
かやく御飯(かやくごはん) 辛い(からい) 甘露煮(かんろに)
儀助煮(ぎすけに) キムチ 釘煮(くぎに)
具足煮(ぐそくに) けんちん汁(けんちんじる) ゴボウ・牛蒡(ごぼう)
ゴマ・胡麻(ごま) ごまめ コンポート
ザーサイ 桜煮(さくらに) 砂糖(さとう)
沢煮(さわに) 時雨煮(しぐれに) 治部煮(じぶに)
醤油(しょうゆ) 浄瑠璃(じょうるり) 鼈煮(すっぽんに)
駿河煮(するがに) 千切り・繊切り(せんぎり) 仙台煮(せんだいに)
千六本(せんろっぽん) 惣菜・総菜(そうざい) ダイコン・大根(だいこん)
田作り(たつくり・たづくり) 足袋(たび) 筑前煮(ちくぜんに)
佃煮(つくだに) 強い(つよい) 定家煮(ていかに)
唐辛子(とうがらし) 土佐煮(とさに) 難波煮(なんばに)
南蛮煮(なんばんに) 煮染め(にしめ) 煮る(にる)
ニンジン・人参(にんじん) 饅(ぬた) 糊(のり)
翡翠煮(ひすいに) ブイヤベース 福神漬け(ふくじんづけ)
風呂吹き大根(ふろふきだいこん) 鼈甲煮(べっこうに) 麻婆豆腐(まーぼーどうふ)
ヤーコン 大和煮(やまとに) 吉野煮(よしのに)
利休煮(りきゅうに) 料理(りょうり) レシピ
レンコン・蓮根(れんこん) 若竹煮(わかたけに)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス