キンモクセイ

【意味】 キンモクセイとは、モクセイ科の常緑小高木。中国南部原産。秋、強い芳香のある小花を密集しつける。

【キンモクセイの語源・由来】

原種のギンモクセイが白い花をつけるのに対し、橙黄色の花をつけることから「キンモクセイ」の名が付いた。
「モクセイ」は漢名「木犀」の音読みで、樹皮が動サイの皮に似ている木の意味といわれる。
日本には、江戸時代に伝来した。

【関連語】

アオダモ アロマテラピー イタチグサ・鼬草(いたちぐさ)
イボタノキ・水蝋樹・疣取木 ウスギモクセイ・薄黄木犀 オウバイ・黄梅(おうばい)
オウバイモドキ・黄梅擬 オリーブ 香り・薫り・馨り(かおり)
皮・革(かわ) 木・樹(き) 黄色(きいろ)
金(きん) ギンモクセイ・銀木犀 ゲイシュンカ・迎春花
ゴールド サイ・犀(さい) シオジ・塩路(しおじ)
ジャスミン ソケイ・素馨(そけい) ダイダイ・橙(だいだい)
トウネズミモチ・唐鼠黐 トネリコ ネズミモチ・鼠黐(ねずみもち)
ハシドイ 花・華(はな) ヒイラギ・柊(ひいらぎ)
ヒイラギモクセイ・柊木犀 ヒトツバタゴ・一つ葉たご マツリカ・茉莉花(まつりか)
モクセイ・木犀(もくせい) ヤチダモ・谷地だも ライラック
レンギョウ・連翹(れんぎょう)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス