金柑頭

【意味】 金柑頭とは、はげ頭。きんかん頭。

【金柑頭の語源・由来】

柑橘類の「金柑」に形状が似ていることと、「金」という光るイメージから連想されて生じた語である。
「キンカハ(金皮・金革)」の下略や、「きんかり」と光るさまからといた説もあるが、「きんか頭」よりも古く、「はげ頭」をさす語として「キンカン」が単独で使用された例が見られることから、文字通り「金柑」に由来すると考えて間違いない。
明智光秀が織田信長に「金柑頭」と呼ばれていたことから、この語が生まれたとも言われるが、明智光秀のあだ名となったのは司馬遼太郎の小説に由来し、そこから「明智光秀=ハゲ頭」という図式ができたのであり、語源と関連する話ではない。

【関連語】

渾名・綽名(あだな) 頭(あたま) 油ギッシュ(あぶらぎっしゅ)
薄い(うすい) 輝く(かがやく) カツラ・鬘(かつら)
髪(かみ) 刈る・苅る(かる) 金(きん)
キンカン・金柑(きんかん) 毛(け) シャンプー
剃る(そる) 丁髷(ちょんまげ) 床屋(とこや)
トリートメント ハゲ・禿(はげ) 禿げ茶瓶(はげちゃびん)
バリカン 光(ひかり) 鬢(びん)
坊主(ぼうず) モヒカン 揉み上げ(もみあげ)
リンス

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス