きな臭い

【意味】 きな臭いとは、なんとなく怪しい。うさん臭い。

【きな臭いの語源・由来】

きな臭いは、紙や布などのこげたにおいがする際に用いられた語で、類語に「胡散臭い」があるが、きな臭いの「臭い」は「らしい」といった意味の「臭い」でははなく、「におう」という意味そのままの「臭い」である。
本来の意味では、こげることが想定されていない紙や布などがこげた際には「きな臭い」を用い、料理をしている時の魚や肉など、こげることが想定されている物には「こげる」を用いる。
きな臭いの語源は、「きぬくさい(衣臭い・布臭い)」の転、「きのくさい(木の臭い)」の意味、「き」が「香」の意味など諸説ある。
きな臭いは、火薬の臭いがするという意味から、戦争や事件などが起こりそうな気配がする際にも用いられるようになった。
想定外の物がこげた時に用いられる言葉であることや、戦争や事件が起こりそうな気配を言ったことから、なんとなく怪しいことにも「きな臭い」と言うようになった。

【関連語】

怪しい・妖しい(あやしい) 如何わしい(いかがわしい) 戦・軍(いくさ)
訝しい(いぶかしい) 胡散臭い(うさんくさい) 疑う(うたがう)
胡乱(うろん) 香り・薫り・馨り(かおり) 髪(かみ)
木・樹(き) 疑心暗鬼(ぎしんあんき) 布(きぬ)
臭い(くさい) 小首を傾げる(こくびをかしげる) 焦げる(こげる)
衣(ころも) 魚(さかな) 戦い・闘い(たたかい)
匂い・臭い(におい) 肉(にく) 布(ぬの)
腑に落ちない(ふにおちない) 眉唾(まゆつば) 料理(りょうり)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス