キンボール

【意味】 キンボールとは、直径122cm、重さ約1kgのボールを使い、4人一組で構成された3チームが、四角いコート内でサーブやレシーブを繰り返す屋内球技。

【キンボールの語源・由来】

キンボール(kin-ball)の「キン(kin)」は、「運動感覚」を意味する英語「kinesthesis(キネスシス)」の略。
カナダのモントリオ-ル大学体育学部を卒業し、ケベック州で体育教師をしていたマリオ・ドゥマースが1986年に考案したもので、日本には1997年10月に紹介された。

【関連語】

クリケット ゲートボール ゴルフ
サーブ サッカー スカッシュ
スポーツ セパタクロー ソフトボール
玉・球・弾・珠(たま) チーム テニス
ドッジボール バスケットボール バドミントン
バレーボール ハンドボール ビリヤード
ピンポン フットサル フットボール
ボール ホッケー ポロ
野球(やきゅう) ラグビー ラクロス
レシーブ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス