きくらげ

【意味】 きくらげとは、担子菌類キクラゲ目のキノコ。枯れ木に群生する。暗褐色。ゼラチン質だが乾燥すると縮み、軟骨質になる。主に中華料理に用いる。

【きくらげの語源・由来】

きくらげは、干したクラゲに味が似ていることから、樹木に生えるクラゲの意味で名付けられた。
漢字の「木耳」は中国からの用字で、形が人間の耳に似ていることから付いた名で、「木の耳(きのみみ)」という別名もある。
1603年刊『日葡辞書』には、きくらげの別名として「耳茸(みみたけ)」という名が挙げられている。

【関連語】

アガリクス 味(あじ) アミガサタケ・編笠茸
アラゲキクラゲ・荒毛木耳 アンズタケ・杏茸(あんずたけ) イモタケ・芋茸(いもたけ)
ウラベニホテイシメジ エノキダケ・榎茸(えのきだけ) エリンギ
オニフスベ・鬼燻(おにふすべ) カンゾウタケ・肝臓茸 木・樹(き)
キシメジ・黄占地(きしめじ) キヌガサタケ・衣笠茸 キノコ・茸(きのこ)
クラゲ・水母・海月(くらげ) クリタケ・栗茸(くりたけ) コノミタケ・好味茸
サルノコシカケ・猿の腰掛 シイタケ・椎茸(しいたけ) シメジ・湿地・占地(しめじ)
シャンピニオン ショウロ・松露(しょうろ) シロキクラゲ・白木耳
スギヒラタケ・杉平茸 ゼラチン タマキクラゲ・珠木耳
タマゴダケ・卵茸 チチタケ・乳茸(ちちたけ) 冬虫夏草(とうちゅうかそう)
トリュフ ナメコ・滑子(なめこ) ナラタケ・楢茸(ならたけ)
人間(にんげん) ヌメリイグチ・滑り猪口 ハエトリシメジ・蠅取占地
バカマツタケ・馬鹿松茸 ハツタケ・初茸(はつたけ) ハナイグチ・花猪口
ヒラタケ・平茸(ひらたけ) ブナシメジ・山毛欅占地 ポルチーニ
マイタケ・舞茸(まいたけ) マッシュルーム マツタケ・松茸(まつたけ)
耳(みみ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス