キジ

【意味】 キジとは、キジ目キジ科の鳥。日本の国鳥。オスは40センチ近い尾があるため全長80~100センチあり、暗緑色を主とした多彩な色で美しい。発情期にはケンケーンと大きな声で鳴く。メスは黄褐色で、オスに比べ尾が短いため全長50~60センチ。

【キジの語源・由来】

古名の「キギシ」がつづまったもので、平安時代から用いられるようになった。
古名には「キギス」もあるが「キジ」よりも新しく、「キギシ」の方が古い。
「キギシ」や「キギス」の「キギ」は鳴き声。
「シ」や「ス」は、「カラス」や「ウグイス」「ホトトギス」など鳥を表す接尾語「ス(シ)」で、朝鮮語に由来するといわれる。
漢字の「雉」は「隹(とり)」+「矢」で、真っ直ぐ矢のように飛ぶ鳥を表している。
「雉子」とも表記されるが、「キギシ」や「キギス」の漢字として使われることが多い。
キジは日本鳥学会によって1947年(昭和22)に国鳥に指定されているが、指定された理由のひとつに狩猟に好適ということもあり、他国のように手厚く保護されるのではなく狩猟鳥獣に含められている。

【関連語】

色(いろ) ウグイス・鶯(うぐいす) ウズラ・鶉(うずら)
尾(お) オス・雄・牡(おす) オナガドリ・尾長鶏
カラス・烏(からす) 黄色(きいろ) 雉子の頓使い
キジ撃ち(きじうち) キジカクシ・雉隠(きじかくし) キジノオシダ・雉の尾羊歯
雉の草隠れ(きじのくさかくれ) キジハタ・雉羽太(きじはた) キジバト・雉鳩(きじばと)
キジムロ・雉蓆(きじむろ) 雉も鳴かずば撃たれまい キンケイ・錦鶏(きんけい)
ギンケイ・銀鶏(ぎんけい) クジャク・孔雀(くじゃく) コジュケイ・小綬鶏
サンケイ・山鶏(さんけい) シチメンチョウ・七面鳥 シャコ・鷓鴣(しゃこ)
シャモ・軍鶏(しゃも) ジュケイ・綬鶏(じゅけい) セイラン・青鸞(せいらん)
セキショクヤケイ・赤色野鶏 ターキー チキン
チャボ・矮鶏(ちゃぼ) トサカ・鶏冠(とさか) トリ・鳥(とり)
名古屋コーチン ニワトリ・鶏(にわとり) ハッカン
ブロイラー ホトトギス・杜鵑・時鳥・不如帰 ホロホロチョウ・ほろほろ鳥
緑(みどり) メス・雌・牝(めす) 矢(や)
ヤケイ・野鶏(やけい) ヤマウズラ・山鶉(やまうずら) ヤマドリ・山鳥(やまどり)
ライチョウ・雷鳥(らいちょう)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

キジの類語・同義語 - 類語同義語辞典
雉(きじ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
雉子(きじ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
キジ・雉・雉子のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語 - 故事ことわざ辞典
「雉」を含む四字熟語一覧 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス