黄色

【意味】 黄色とは、菜の花やひまわりの花などのような色。三原色の一。黄。

【黄色の語源・由来】

黄色は「黄の色」のことであるが、「き」の音のみでは色を表していることが解かり辛いからか、現在では一般的に「黄色」と表現される。
「黄」は奈良時代に単独の用例がなく、平安時代以降に単独の色として確立したと考えられる。
また、奈良時代には「黄土」や「黄葉」の例は見られるが、「赤土」や「赤葉」などと差がなく使われていることから、「黄」は「赤」の範囲に含まれていたと考えられている。
「黄」の語源には多くの説があり未詳であるが、奈良時代に「黄金」は「くがね」という形で用いられており、「く」は「き」の母音交替形とされていることから「きん(金)」を語源とする説や、草木染めなどから出た言葉として「木(き)」を語源とする説、落葉樹の「木(き)」の意味からといった説あたりが有力と考えられる。
その他、飾り気がない色の意味で「き(生)」からとする説や、糞色の意味で「くそ」の「く」といった説が、「黄」の語源にある。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

黄色(きいろ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
「黄」を含む四字熟語一覧 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス